計画を立てる際はガイドよりも地図と睨めっこを

有名な観光スポットや宿泊施設に関してはそれ程労力を掛けなくとも比較的簡単にその情報を入手出来るでしょう。ですが道中も出来れば楽しみたいドライブ旅行となれば、それらの情報だけでは満足出来ませんよね。 それならそういった有名スポットは施設のリサーチはそこそこに、そこに至るルートの候補をネットマップ等の地図で入念にチェックしてみると良いでしょう。その道中に思わぬビュースポットが見付かる可能性は大。慣れてくれば海岸との距離や道路周辺の地形からどの様な展望が得られるかまで予測出来る様になるものです。 一つヒントを挙げるなら、なだらかな地形よりも、山から海岸に至るまで急峻な地形が連続するエリアを通る道路の方が、道中における展望に優れたスポットが確実に多いものです。

飽きなければルートの下見も意外と有効に

旅慣れたルート、しかも何度となく通っても全く飽きないという道路であれば、その旅行前にある程度下見をし展望に優れたスポットを探してみるという手もあるでしょう。 特にドライブ旅行本番では友人や家族を連れてゆくというのであれば、ホストとしてそれらのスポットを事前にチェックしておいた方が確実に役立つ筈です。 下見だけの為に高価なガソリンを使い現地に赴くという行為に嫌悪感を抱いてしまう人もいるかも知れません。ですがその下見自体を自分だけの簡単なドライブ旅行と捉えれば義務感も消え、周囲の豊かな展望も楽しめる様になる筈です。 また現在では、ネットマップにも実際の車窓からのビューで確認出来る機能が付与されており、そういった手間をある程度省く事も可能となっています。