海外の友達の家に泊まるときのマナー

海外に友達が住んでいたら、その人のところを訪ねて行くこともあるでしょう。親切な人なら、何泊か家に泊めてくれます。旅行で行く身からしたら、お家に泊めてもらったらホテル代が節約できてうれしいですよね。ただ、友達の家にお邪魔している分、迷惑を掛けていることになるので、きちんとしたお礼をするのは大切です。 出来るだけ本人の喜ぶお土産を持っていきましょう。直接何が欲しいか希望を聞いてみるのも良いです。日本の食べ物や、日本でしか買えないものは海外では貴重品なのでとても喜ばれますよ。お土産にプラスして現金を渡すのも良いかもしれません。多額のお金は断られるので、ホテル代に替わるような金額を渡せばマナーの範囲内におさまるでしょう。

観光に一緒に行くときのマナー

友達が住む海外に行くときには、基本的には、自分ひとりで観光地を巡るプランを立てておく方が良いです。友達に会うのは、どこかのタイミングで食事やお茶をする、くらいの感覚が良いでしょう。相手にも仕事や家庭があります。わざわざ休みの日を自分のために使ってくれているという認識で接しておくと相手も楽です。 友達が観光地に連れて行ってくれることがあります。そのときも気を遣うのを忘れないように。もしかしたら以前に、他の友達が日本から訪ねてきて、何度も同じ観光地に行っているのかもしれません。できるだけこちらから、観光に掛かるお金を相手の分も払うように申し出ると親切です。断られたら、夕食代は出すとか、他のところでカバーできるように振る舞いましょう。