現地通貨が手元になくても安心

海外ではクレジットカードが生活の中で登場する機会が多く、現金が手元になくても何とかなるケースが多いです。また、ホテルやレストランでは身分を証明したり、きちんと支払いをする意志があるということを伝える手段にもなります。様々なブランドのカードがありますが、自分が良く訪れる国やこれから訪れようとしている国での普及率に合わせて選ぶことがポイントです。せっかくのクレジットカードですが現地で使うことができなければ宝の持ち腐れだからです。クレジットカードを持っていれば飛行機のチケットを予約したり、ホテルを利用したりする際にポイントがたまることもあります。長期的な視点で見ればかなりのお得になるので持っていて損はないのです。

保険にはいることができる

海外旅行中にクレジットカードを所有している利点としてお金以外にも保険に加入することができるということがあります。海外で手荷物を盗まれてしまったり、急に病気になってしまった場合にも安心して補償を受けることができます。クレジットカードの種類やランクによって得意としている補償範囲が異なることには注意が必要です。また、専門の保険と比較してクレジットカードに付帯している保険の特徴としては利用するための条件を満たさなければいけないということがあります。クレジットカードを持っているだけで補償を受けることができるのか、それとも旅行に関係している費用をクレジットカードによって支払った場合にのみ補償を受けられるのかということがポイントです。